MENU
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策のため、教室ではマンツーマンレッスンのみを受付。※オンライン講座は随時受け付けております。

BracketsをMacにインストールする手順を、初心者向けに詳細に解説します

2020 5/24
BracketsをMacにインストールする手順を、初心者向けに詳細に解説します

Brackets(ブラケッツ)というHTMLやCSSを書くためのアプリケーションをMacにインストールする手順をご紹介します。
大まかな流れとしては「アプリをダウンロードする」→「Macにインストールする」→「いつでも使いやすいようにDockに置く」の3ステップです。

目次

STEP1:Bracketsをダウンロードする

Macのアプリケーション「Google chrome」を開いて、「Brackets」とGoogle検索しましょう。

Bracketsのサイトhttp://brackets.io/が出てくるので、クリックしてウェブサイトに行きます。
ウェブサイトを開いてすぐにある、ダウンロードの青いボタンをクリックしてください。

ダウンロードが始まり、Google Chromeの左下にダウンロード中の表示が出ます。

ダウンロードが終わるとこのような表示になります。
Bracketsのダウンロードはこれで完了です。

STEP2:BracketsをMacにインストールする

ダウンロードしたBracketsはどこに行ったのかというと、
「Finder」アプリを開くと左のバーにある「ダウンロード」フォルダの中にあります。

「ダウンロード」の中にあるBrackets.Release.1.14.1.dmgファイルをダブルクリックしてインストールをします(※数字はダウンロードした時期によってバージョンが違います)
下の別画面が出てくるので、左側の「Brackets.app」をドラッグ&ドロップで右側の「青いフォルダ」に入れます。(余談ですが、この青いフォルダは、アプリケーションフォルダへのショートカットです。そしてMacではフォルダのショートカットのことをエイリアスといいます)

アプリケーションフォルダへ移動

STEP3:BracketsをDockに配置する

アプリケーションのフォルダを開いて、BracketsでDockにドラッグアンドドロップ。これでいつも使える準備が整いました!

これで準備は完了です!
さあ、HTMLとCSSを用いてコーディングをする準備が整いました!

この記事を書いた人

[経験]
・制作(Photoshop・Illustrator/HTML・CSS・jQuery・WordPress)
・アクセス解析/SEOライティング/運用改善/企画提案
・講師(職業訓練校/スクール/企業出向)
[活動]
大阪・東京でWeb制作を中心に活動。
また「拡げるキッカケを共創する」を活動指針として
①未来を切り開くスキル習得サポート、②自立したウェブサイト運用のアシスト、を行う。

目次
閉じる